ブログ

小浜

2019年04月12日 釣り

4月から営業再開の、小浜漁協イルカ島22号筏へ行ってきました。

まだ、釣り客は少なく、釣果はないとの事。

筏に上がると、大型鳥類の糞が筏の釣り座側だけに大量に盛られている。

まずは、掃除から始めないと釣りにならない。

次に来るときはデッキブラシがいるな、と思いながら掃除完了。

乾くまでは道具のセッティングをせずに、まずは落とし込みで探る。

当然ながら反応は無く、魚を寄せるためにアケミ貝の粗割りをアンコにダンゴをドカ撒き。

釣り座も乾いてきたので、セッティングして本格的に釣り開始。

いつもはイルカ島での釣りは流れが速いので1.5号以下のラインを使うのですが、今回は2号のラインを選択。

エサ取りは寄ったようで、小さいアタリでオキアミは取られるようになった。

そこで、エサ取りに強いカメジャコでダンゴ釣り。

10m程流していくと良いアタリが出たので大アワセ。

流れが速いので強い抵抗を感じるが、上がってきたのは40cm位の本命。

1枚目

引きの強さから、もっと大きいかと思ったのですが。

何にしろ、早々とボウズは免れました。

次はオキアミでダンゴ釣り。

ダンゴが割れて2~3m流したところでガツガツしたアタリ。

アワセを入れると強烈な引き。

何度もラインを巻いては出されてを繰り返す。

首を振る幅が大きいのでデカいボラかとも思ったが、アタリはボラではなかったので、必死にやり取り。

やがて上がってきたのは、大型の真鯛。

タモには頭しか入らないが、何とかキャッチ。

マダイ79

自己最高記録の真鯛79cm、6.2kg。

ラインを2号しておいて正解。

自分の腕では1.5号なら切られていたと思う。

さんざん暴れまわられたので、この後は魚っ気はまるで無くなり、昼まではエサも取られない状況が続く。

昼を過ぎると、潮が吹っ飛び始め、ダンゴも流される。

ひたすら流して流して、15m程流した所でアタリが出るもアワセどころなく、さらに流されていく。

一度だけ、引っ手繰るアタリでチヌを一枚追加したのみで終了。

ダンゴがないと釣りにならない速さでした。

総釣果。

釣果

チヌ37cmと40cmに真鯛79cm。

当日のダンゴ

ブルーステージ12k×1箱

ブルーステージ7k×1箱

素材工房押し麦×1袋

荒引きサナギ徳用×1袋

生オキアミ3k×1袋

久しぶりの筏を満喫。

筏はやっぱり面白い!

来週も釣行予定です。

それではまた来週。

記事をSNSでシェアする

「釣り」カテゴリの新着記事

GOODS

  • オリジナルダンゴ

LINKS

  • 亜斗梨絵
  • いかだイズム+いかだイズム+plus

    いかだイズム+plusは、三重県鳥羽エリアを中心とした、釣り人の、釣り人による、釣り人のための釣り総合情報サイトです。名人ブログや釣果、映像などのコンテンツが盛りだくさん!