ブログ

鳥羽④

2018年11月02日 釣り

鳥羽は本浦の渡船よしかわさんの筏に、久しぶりの釣行。

一投目。

小さいカメジャコで落とし込み。

すぐにアタリがあり、20cm位のベラが上がってくる。

その後ろからハタマスが追いかけてきた。

ベラを食べようとしていたのか?

水面まで来ると、踵を返し戻っていく。

でも、そのハタマスも大きさは30cm位。

どれだけ貪欲なのか。

そして、次も小ガメを付けて落とし込むとまたもすぐにアタリ。

釣れてきたのは30cm位のハタマス。

ひょっとしてさっきの奴か!?

ともあれ、お土産確保。

この日は風が強い予報がそのまま的中。

風と波でアタリは分かりにくい。

海水は暖かいが底潮はやや水温が低いのか、活性は低い。

代わりに、底から1m位浮いたところに15cm前後のチャリコが群れている。

本虫が1本を小さく切って使えば5枚は釣れる。

ダンゴは打ち続けながらチャリコと戯れる。

12時を回ったころ、本虫の落とし込みで頻発していたチャリコのアタリが無くなる。

そのまま、ゆっくり底まで落としていくとコツコツ、ギュイーンと引っ手繰っていく。

アワセを入れると明らかに今までとは違う引き。

本命を確信とは言え、それほど大きくない。

DSC_0265

でもやっぱり、久しぶりのチヌは嬉しいものです。

残念ながら、単発で終わりましたが、やっぱりチヌ釣りは面白い。

この後、夕刻にロープ際にカメジャコの広角で攻めていたら、エイが掛かり、姿を見ることなくラインブレイク。

その後、サイズアップした塩焼きサイズのチャリコもGET。

総釣果

DSC_026

カワハギの他、エサ取りにカサゴ、フグなど。

反省点はもっと暖かい服装で行くべきでした。

ダンゴは前回の余ったダンゴにブルーステージプレミアム1箱と素材工房の押し麦1袋と荒引きサナギ。

自社製品のオキアミミックスを2袋を混ぜて海水で調整。

さて、次は何処へ行こうか?

それではまた来週。

記事をSNSでシェアする

「釣り」カテゴリの新着記事

GOODS

  • オリジナルダンゴ

LINKS

  • 亜斗梨絵
  • いかだイズム+いかだイズム+plus

    いかだイズム+plusは、三重県鳥羽エリアを中心とした、釣り人の、釣り人による、釣り人のための釣り総合情報サイトです。名人ブログや釣果、映像などのコンテンツが盛りだくさん!