ブログ

古和浦⑥

2017年08月11日 釣り

台風接近前の日曜日。

古和浦の誠久丸さんで行われた「第三回誠久丸・藤本工房 チヌ釣り大会」に参加してきました。

天候は雨も降らず、うねりも古和浦なので影響なし。

薄曇りの空に、たまに暑い日差しが差すが、時折吹く風が心地良い。

海の中の状況はあまり良くない。

アタリがあると釣れてくるのは15cm位のオオモンハタの子供。

鈎が飲み込まれていたので、ハリスを切ってリリース。

暫くして、釣れてきたそいつの口からハリスが出ていて鈎も見える。

間違いなく、自分の使っているオーナーのザ・ロック。

まさか、同じ魚が釣れるとは・・・

日差しが強くなった昼過ぎにハプニング。

ちょっと強い風が吹いた瞬間、パラソルがパラソルスタンドごと吹き飛び、海の藻屑と消えてしまう。

また、出費が嵩んでしまいます。

それでも、時間の経過と共にダンゴにも反応が出始める。

さて、気を取り直して夕方へ向けてラストスパート。

本命からの反応はないが15時にダンゴを打ち切り、17時迄は落とし込み勝負。

刻々と過ぎゆく時間。

最後のカメジャコをサシエに投入。

時間は16時54分。

これがラストかあ~、と思いながら穂先を見つめるとコツン。

今までより節のあるアタリ。

ゆっくり送り込みと力強く押さえ込む。

合わせを入れ、巻き取ると確信。

小さいけど本命!

DSC_0144

やりました、ボウズ回避!

そして、検寸・・・29cm。

それでも、入賞し商品は

DSC_0145

マルキューの新発売のロッドケース。

大会での久しぶりの入賞は嬉しい限り。

残念な出来事も笑い話になりました。

大会関係者の方々、参加者の方々、ありがとうございました。

*当日のダンゴ*

イエローステージ12k×1箱

イエローステージ7k×1箱

荒引きサナギ徳用×1袋

活サナギミンチ荒×2袋

サナギミンチは海水で溶いて混ぜました。

エサ取りの多い時期にサナギで勝負する時は、サナギ主体のダンゴがいいと思います。

それではまた来週。

記事をSNSでシェアする

「釣り」カテゴリの新着記事

GOODS

  • オリジナルダンゴ

LINKS

  • 亜斗梨絵
  • いかだイズム+いかだイズム+plus

    いかだイズム+plusは、三重県鳥羽エリアを中心とした、釣り人の、釣り人による、釣り人のための釣り総合情報サイトです。名人ブログや釣果、映像などのコンテンツが盛りだくさん!